保育園の食事

食べることは、生きること。
大切に、ていねいに、食を提供します。

健やかに成長するためにはもちろん、「食べたい」という意欲を育てるためにも、食事は大切です。
食べることは、生きる基本。「社会福祉法人 愛生会」は、「食」の重要性を一から捉え、他業者に委託せず、施設の給食づくりをすべて自前の職員で行っています。
栄養士、調理員、保育士も一緒に食に関わり、全員が園児たちを実際に目にしているからこそ、毎食の調理に真剣です。
素材選びも調理方法にもこだわり、ていねいに取り組んだ食事の時間を提供しています。

地元の食材と、食べる力に沿った調理法

食べ物を自分の口から摂取する喜びは、何ものにも代えがたいほど大きなものです。成長過程にある子どもたちに適した食事を提供するのも、福祉事業において大切なこと。愛生会では、地元の食材をできるかぎり使い、季節感のある献立を考え、園児たちの年齢や成長に合わせた調理法でつくっています。特に大切な食のはじまりである離乳食は一人ひとりに合わせて作っています。

「大湯保育園」や「わかば保育園」では、まず、子どもたちの「食べたい」という意欲を引き出すことを大切に考えています。子どもたちが自分たちで作ったり、採ったりした素材を使うのも、食べる意欲を高め、自然や食への関心を深めるきっかけになるから。多種多様な食材に慣れ、五つの味(甘味、酸味、塩味、苦み、うまみ)に慣れるように、また、噛む力を少しずつ育てて、本当においしいと感じられる食事を提供して、それぞれの生きる力を強めたい。そんな思いで、保育園の食事づくりに取り組んでいます。

食を通して、地域ともっとつながる、地域の人をもっとつなげる

栄養バランスや食べやすさを考え、本当においしいと感じられる食事を提供するには、時間も手間もかかります。愛生会では、保育園のみならず、介護施設での食事づくりにも真摯に取り組むうちに、一人ひとりに適した食事を、必要な人に届けたいと考え始めました。施設で日々提供している食事を、施設外で求められる場所に展開していこうと、現在計画中です。
福祉事業のプロとして私たちにできることは、まだまだあるはず。地域とつながることが、そこに住む人同士をつなげることになるかもしれない。一人ひとりが花咲くきっかけになるよう、少しずつ取り組んでいきます。